ママのためのタイムマネージメント


ママだって、常に目標を持ち日々向上

家事仕事子育て自分の夢や目標も!

全部、全力で楽しもうとするなら、日々の時間の有効利用と、自分のパフォーマンスを上げていくことしかありません。

子育て歴8年、まだまだ努力を続ける日々ですが、これまで試行錯誤しながら培ってきた、私なりのタイムマネージメント術を、自らのアウトプットも兼ね、こちらにまとめてみました。

少しでも参考にしていただけることがありましたら幸いです♪


 

何をするかよりも、何をしないか? 価値観の明確化

家事や、子育てに追われ、自分の時間は全く持てないなんて、嘆いていませんか?この状況を前向きに捉えるとするならば、自分の価値観を明確化、出来るチャンス。出来ない時間が、あなたにとって本当にやりたいことは何なのか?を明確にしてくれるチャンスと捉え、この機会に、自分としっかりと向き合い、自分にとって本当に必要なもの、なくてはならないものを抽出しましょう。1日は、皆、24時間。何をするかよりも、何をしないでもよいか?ということに焦点を当て、どうでも良いことは、どんどん排除していきましょう。身の回りを整理することで、いろんなことが効率化するとともに、だんだんとシンプルも生きられるようになります。

大切なことに目を向けて、有意義な時間を、有意義な人と過ごすことは、人生の価値を上げていくことにもつながります。

3年で7億円稼いだ僕がメールを返信しない理由 小玉歩

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

3年で7億稼いだ僕がメールを返信しない理由 [ 小玉歩 ]
価格:1028円(税込、送料無料) (2017/4/14時点)

ものごとの優先順位について、とても心に響く内容が書かれた本です。

“家族の軸となる週間タイムスケジュールをつくる”

家族は運命共同体。協力して、サポートし合うのは当然のことですが、誰かのために、誰かが犠牲になるような生活や関係はフェアではありません。それぞれが主体性をもち、家族全体でパフォーマンスを上げながら、各自が能力を発揮したり、家族全体でも大きな目標を達成できる環境を整えていくことが理想です。そのためには、まず家族の軸となる大まかなビジョンタイムスケジュールを決めることが必要です。

我が家では、子供の学校や習い事をベースに組んだ、家族の軸となる週間タイムスケジュールを表にしたものを、家のリビング壁に貼って、家族でシェアしています。

きちんとスケジュールを立て、家族全員で共有していくことにより、家族生活がより効率的にすすむというメリットがあります。家族の軸となるスケジュールが決まれば、家族の誰か一人、もしくは家族全体に、急なスケジュールが入ってきたとしても、スケジュールを微調整することで、意識的にすぐに元のペースに戻ることができます。一度決めたら、家族全体で協力し合い、徹底的にそれを実践していきましょう。

また、手帳は、世界的ベストセラーになった「7つの習慣」という本の、家族について書かれた項目の内容を実践できるこちらの手帳を愛用しています。

家族の大切にしたい価値観や目指すべきことを明らかにした「ミッション・ステートメント」を作成したり、年間目標、週間目標、振り返り、家族年表など、家族全体目標を持ちながら、未来を計画するのにも、とても役立ちます。

ママのスケジュールは流動的に。

“子育て中のスケジュールは綿密に立てない”というのが、私のたどりついた鉄則!→子育ては予定外の展開の連続。スケジュールが乱れたり、予定通りに行かないとストレスになるだけなので、すでに決まっている学校や幼稚園の行事ごとや習い事の時間以外は、あえて流動的にしておきます。一方、空いた時間には、すかさずやりたかったことがすぐできるように、自分のやりたいことリストも常に準備しておきます。“出来る時に出来ることを”、をモットーに、スキマ時間自分へのご褒美時間として活用したり、一分一秒を大切にする心がけは持ちながらも、常に自分はニュートラルな状態にいることが、一番ストレスをためないのコツだと思っています。

感情の整理。モチベーションをキープの為に文字を書く

◎楽しい思い出や素敵と思ったこと→文字や写真でブログなどに残す。発信することで社会とつながる

主婦業を中心に、仕事もほぼ在宅でこなしている私の場合、社会との接点も少なく、ともすると、孤独にも陥りやすい環境です。そんな中、ブログやSNSで、発信するということは、私にとって、社会とつながる手段。自分の得意なことや好きなことを通して、一人の表現者として、社会と関わっていられることは、とてもありがたく、自分の存在価値を確認できる場でもあります。また、写真や文字で自分のことをアウトプットしたり、残したりすることによって、自分自身を客観的に振り返ったりする機会を持つことで、日々の生活を大切に、より丁寧に送れる気がしています。

◎成果を残す”→スケジュール帳には成果だけを書く。

そもそも予定を書くのがスケジュール帳ですが、私の場合、ちょっと変わったスケジュール帳の使い方をしています。達成されなかった予定は、その都度、スケジュール帳の中から消していき、逆に予定には書いてなかった事でも、達成したことに関しては、後からでも書き込んで行き、スケジュール帳を、自分がやった成果を残す場所にしているのです。そうすることで、後から見返した時、自分が達成してきたことや、その過程を振り返ることができるので、それを自分が頑張ってきた証として、また頑張ろうと思えたり、逆に、空白が多い時は、もっと頑張ろうと思ったり、日々のモチベーションをキープさせるのにも役立っています。

◎日常生活の悩み→紙との対話・マインドマップ

人生生きていれば、色んな悩みも抱えますよね。私も日々、ちょとした人間関係にモヤモヤしたり、自分自身のマイナス面と向き合ったり、親になった今は、とくに、子どものことに関する悩みなどは、一番ツライです。自分軸を思いっきりズラしてしまうほど、深刻に落ち込んでしまうこともあります。そんな時、その対処方法として、1つ、実践していることは、とにかくその思いを紙に書くことです。時系列や論理的思考に関係なく、とにかく沸々と湧き上がる言葉や感情を、そのままマインドマップのように紙に書きなぐっていくのです。すると、不思議と気持ちが整理され、感情も落ち着いていくのです。悩みの原因が分かり、今どんな気持ちなのか?俯瞰して見ることが出来るようになった時、ようやく解決の糸口が見えてきたり、前向きに進む方法が見つかったりします。

◎動的瞑想時間→気づき、閃き、アイデア。直感力。潜在意識からのメッセージを受け取る。

日々のローテションの中や、リラックスしながら、何かを無心でやっている時、ふと、いいアイデアや閃きが降りてくる時がありませんか?私の場合、ドライブ中や、メイク中、朝の掃除時間。いわゆる、動的瞑想に入っている状態だと思うのですが、そのような時に心に浮かんだ言葉は、自分の潜在意識と直結していることが多い気がします。忘れないうちに、メモをとり、それを書き留めておくことで、直感力がつくというか、より自分自身の素直な気持ちと向き合えるようになったり、潜在意識からのメッセージを受け取りやすくなったりします。

ちょっとづつの積み重ねで、スタートダッシュが早くなる!

身だしなみ」、「整理整頓」、「健康管理」、この3つは幸せになるための努力として受け入れています。

自分自身(ホーム)がしっかりしていないと、目の前のことに丁寧に向き合えません。

髪やお肌のお手入れや、身だしなみは、スタートラインに立つため、スタートダッシュを切る為の準備!と考え、毎日少しづつでもいいので、コツコツと積み重ねていくことが大事。

また、掃除、整理整頓を、毎朝の習慣にするよう心がけています。

あるべきものがあるべき位置に、曇りなく整えられていることで、家族のパフォーマンスも上げることができ、結局は、自分自身にもメリットがあると感じているからです。

健康体調管理も同様です。

いずれにせよ、一度乱れてしまうと、元の状態に戻るのに時間のかかるような状況は極力避け、日頃の摂生とバランス感覚のある生活を続けていくこと。それは、ある意味、自分を守ることでもあります。

髪を振り乱してやってはいけない!自分をないがしろにしない

髪を振り乱してやらなければならないほど忙しいのなら、何かそれ以外のやらなくていいことを見つけ、時間をつくりだすべき!なぜなら、結局そのつけは自分に回ってくるからです。忙しいからと言って、自分のことを適当に扱っている、犠牲にしていると、いつか爆発して、その不満やイライラを、周りの人ぶつけてしまうことにもなりかねません。人が不満を感じるのは、全て“愛情の不足”からくるもの。まずは自分で自分を愛する習慣を身に着けましょう。忙しいからと言って、自分のことを決してないがしろにしてはいけません。“本当の意味で、自分を大切にできるのは、まずは自分”ということを肝に銘じ、自分自身を丁寧に扱う習慣を身につけましょう。そうすればきっと、周りの人にも同じように、優しく丁寧に、接することができるはず。

協力が必要な時は、事前に家族に知らせておき、サポートしてもらう。

家族とはいえ、事前に知らせてアポを取るのがマナー。美容室や、友人との食事など、自分の用事で出かける時は、必ず家族に前もって予定を知らせておき、調整してサポートしてもらえるようお願いしています。全てのことにおいて家族を優先する必要は無いし、時には一人の時間や自分だけの時間を楽しむことも必要。だからこそ、そのための家族へのマナーだけはいつも忘れないよう心がけています。

全ての好循環は睡眠から

夜9時に子供たちと一緒に寝る!という生活を、私はここ数年、続けています。はじめは、夜9時なんて大人には早すぎる!と思いました。だけど、いざ、心を決めて、潔く毎日9時には、何があっても全てを投げ打って寝る!という生活をはじめてみることにしたのです。

すると、体調や肌のコンディションに自分でも驚くほどに変化があり、健康的に。心も前向きになり、自分自身のパフォーマンスもすごく上がったような感覚を感じました。結局、いろんなことの好循環は、寝ることからはじまるのだと実感しています。

深夜、だらだらと起きていても、TVを見たり、ネットサーフィンをしてみたりと、意外に生産性のない時間を過ごしてしまっているもの。美容面や、体の免疫力を高めるのにも、ゴールデンタイムである10時から深夜2時の間に寝ていることが重要と言われています。

私にとって、幸せな自分でいるための基本条件健康美容アンチエイジング。
これらをすべて叶えるためにも、とにかく寝ることが一番です。

世の中と逆行することで、生産性を高める

効率的であるために、普段から私が強く意識していることは、“世の中と逆行して、生産性を高める”ということです。街中や人が混み合うような場所に出かける用事は、できるだけ人の少ない平日に済ませ、休日は混雑を避け、家族で公園やのんびりした場所に出かけるなど。常に、自分たちが一番効率よく動ける方法で、臨機応変、予定を立てていく事を、日々心がけています。

まとめ

主婦と言えども、すごく小さなことでもいいので、毎日何かの目標をもって生きるということが大切。またそれが、家族やいろんな状況にもながされず、自分らしく生きるためのコツでもあると思います→ただ闇雲に、何となく1日を過ごすのは、時間を浪費しているようなもの毎日、何かを必ず向上させていく!

毎日を浪費していくのか?
毎日を積み重ねていくのか?

大きな差(数年後)

每日を悔いなく、自分の心に忠実に、リアルファイトで、生きて行きたいものです。

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

メッセージやご依頼など

お問い合わせはこちらのフォームから

家族と過ごす自由なライフスタイルと日常を楽しむアイデアを発信。
Return Top