IKEAインテリア☆オレンジの寝室♪テーマは南国リゾートの開放感

Pocket

我が家のお部屋改造第2弾。寝室です。

元々和室だった部屋の壁を、まずはペンキでオレンジ色に塗ることからスタート。

かなりビビッドな色で最初は勇気がいりましたが、実際に塗ってみると、意外にも落ち着いて、しっくりと馴染みました。

(関連記事):初心者DIY女子でも大丈夫!ペンキ壁塗りでお部屋をイメチェン

さらに、子供部屋と同じく、IKEAのロフトベッドを入れるため、天井を抜いて30cmほど高くするという、リノベーションも自分たちで行いました。

(関連記事):IKEAインテリア子供部屋☆我が家のお部屋大改造 ~青の洞窟~

建設業をしている父にヘルプしてもらい、これがなかなか大変だったのですが、驚くほどお金はかかっていません^^)※その工程は下記の記事にしています。↓↓↓

(関連記事):和室の天井を抜いて30cm高く!DIYでセルフリノベーション

 


 

テーマは、南国リゾートのような開放感と、リラックス空間。

メインカラーを、暖かく包みこまれるように、気持ちも前向きになる、オレンジに決定。

オレンジ✕ダークブラウン✕白を基調に、落ち着いた雰囲気に仕上げました。

観葉植物のグリーンもオレンジの壁に良く映えます。

ライティングにもこだわりました。

天井のダクトレールにつけた3つのライトは、幅を調節したり、それぞれに方向を変えることができます。

壁掛けのウォールランプは、ベッドの上で子供たちに本の読み聞かせをするときの為に。

IKEAの「ÅRSTID」を使っています。

どんな場所にもマッチする流行に左右されないデザインで、心地よい明りを演出してくれます。

そして、この部屋で一番のこだわりは、白のウッドブラインド。

木製の質感がリゾート感を演出してくれ、高級感もあり、ムードが出ました。

光が差し込んでべッドに影ができる感じがとても気に入っています。

ロフトのはしごは部屋の一番奥にくるように配置。

ベッド裏にできたちょっとしたスペースは、ワークスペースに。

天井を高くすることでできた、天井下の空洞スペースはカーテンをつけて、収納スペースに。

(関連記事):画期的!IKEAのカーテンテープを使って、超簡単!カーテン製作

立体感のある壁掛け時計。

光が当たると、影ができるのがGood!

元々あったウォーターヒヤシンスのワイドダブルのベッドの上に設置したのは、IKEAのロフトベッド「STORA」。

これはまさにスペースの有効活用。実際にロフトを作ったぐらいの感覚で部屋が広くなりました。

ロフトベッドの上はこんな感じ。140cm✕200cmで、大人1人+子供2人が十分寝れる広さ。

押入れはカーテンをつけて、普段は見えないように目隠し。

中は収納スペースとして。

押し入れの中もペンキで塗って、間仕切りの板には、ラウハラのシート敷いています。

極力、モノは置かず、視界をシンプルに。

目に見える収納は、アクセサリースタンドのあるこの白いコーナーラックのみ。

部屋に合わせてオレンジがアクセントカラーになった掃除機。

常に充電しておいて、汚れたらささっと掃除。

快適 !

以上、こんな感じで、オレンジの寝室が完成しました!

子供たちも家がホテルになったと喜んでくれています^^;

さらに後日追加したこととしては、

歩く動線とベッド脇の足元に、フットライトを取り付けました。

使ったのは、IKEAのLEDスティックライト「LEDBERG」です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IKEA(イケア) LEDBERG LEDスティックライト ホワイト 30302713
価格:2380円(税込、送料無料) (2017/3/29時点)

ライティングは、部屋の立体感とムードを出すのに、効果的!

配線をきれい張ったり、スイッチやコンセント部分が目立たないようにすることが何よりのポイントです。

まとめ

ホームが安定すると、心が落ち着いて、家族ともしっかり向き合えるようになりました。

お金をかけずとも、自分たちらしく暮らすことは、何より楽しい!

DIYだからこその愛着と、オリジナリティに溢れた空間に仕上がりに、とても満足しています♪

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

メッセージやご依頼など

お問い合わせはこちらのフォームから

家族と過ごす自由なライフスタイルと日常を楽しむアイデアを発信。
Return Top