レッスンバッグの作り方(裏生地付き)【入園・入学準備⑨】

出来上がりサイズ:たて30cm×よこ40cm 持ち手(30cm)

レッスンバッグの作り方(裏地付き)

【裁断図】(上下左右に1cmの縫い代を含んでいます。)

①裁断図のように、裏生地と表生地、各1枚ずつ生地をカットします。

(※裏生地は表生地をまち針で止め、型紙代わりにして切ると切りやすいです。)

②持ち手付け位置にテープ紐を仮止めします。

テープ紐の向きにに注意して下さいテープの先を3cmはみ出させテープの裏側が上に向くように止め→テープの先を一旦上に折込み→さらに下に折込み、再びテープの裏面が上を向くように留めて下さい。

反対側も同じように。

➂表生地と裏生地、生地を中表に合わせ、ずれないようにまち針で固定し、上下の端からそれぞれ1cmの所をミシンで直線縫いします。

➃生地の中から手を通し、先ほど縫った部分が中央にくるように合わせ、縫い代を開き、アイロンで押さえます。

縫い代を開き、アイロンで押さえます。(反対側も同じように)

生地の中心線を中央でしっかりと合わせ、ずれないようにまち針で固定します。

⑤図のようにチャコペンで線を引き、サイドの部分を縫っていきます。

裏生地部分には10cmほどの返し口を開けておきます。

キルティング生地の厚みを考慮し、内袋になる裏生地部分は、線より若干内側を縫うときれいに仕上がります。

⑤返し口から生地を裏返し、袋状に形を整えます。

⑥内布が数ミリ内側に入るように、袋口をアイロンで押さえていきます。

⑦全体をアイロンで押さえたら、袋口の端から2cmの所をぐるっと一周、直線縫いで縫っていきます。

⑧返し口を手縫いで閉じていきます。

玉止めを内側から通し、

左右の布を少しずつすくいながら縫う、「ラダーステッチ」で縫うと、縫い目が目立ちません。

⑫これで、完成です☆

レッスンバッグ&シューズケースをお揃いの生地で作りたい場合の効率的な生地の裁ち方

表生地と裏生地それぞれ80cm分あれば、レッスンバッグとシューズケースが一緒に作れます。
※シューズケースの作り方はこちらから→

動画☆レッスンバッグの作り方(裏生地付き)
YouTube動画でも作り方を紹介しています。
スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

メッセージ&ご質問

お問い合わせはこちらのフォームから

ライフスタイルと日常を楽しむエッセンス
Return Top