コストコ☆スーパーリピ商品!コルビージャックチーズの活用方法&レシピ


コストコはチーズの品揃いも豊富。コストコオリジナルブランドのKIRKLANDのチーズだけでも全6種。どれを買っていいのか、迷われている方に、まずオススメしたいのが、「コルビージャックチーズ」です。

page40マイルドでクセも無く、非常にバランスの良い味で、スープに、ラダに、パンに、カレーに、お好み焼きに、パスタ・グラタンに、とにかく何にでもよく合います。我が家でも、無くなったらすぐに買いに行くほど、最もリピ率の高いコストコ商品です!

o0267035611678315675

(コルビージャックチーズは、アメリカでポピュラーなクセのないチーズのモントレージャックと、チェダーチーズに似ているコルビーチーズがブレンドされているマーブル模様のチーズです。)

スポンサードリンク

コルビージャックチーズの活用方法&レシピ

スープに

野菜不足を感じたとき、我が家で必ず作るのが、こちらの“具沢山栄養満点野菜スープ”です。とろーっと溶けたチーズがスープに合う!ごはんと一緒にすくってリゾットのようにして食べても美味しい♪子供たちにも大好評の栄養満点のスープです。

デトックスにも!具沢山栄養満点野菜スープ
詳しいレシピはコチラ↓↓↓
http://cookpad.com/recipe/1639329

IMG_9489-2

トマト系のスープ・煮込み料理などにもおすすめ!
トマト×チーズの相性はとにかく抜群!合います♪

ボルシチ風牛肉のトマト煮込み♪
詳しいレシピはコチラ↓↓↓
http://cookpad.com/recipe/1579937

IMG_8688のコピー

サラダに

パーティやBBQの持ち寄りに重宝する食べ応えもあるガッツリサラダ。いろんな具材の食感と美味しさが絡み合い、チーズもいいアクセントになります。

持ち寄りパーティに具沢山これでもかサラダ
詳しいレシピはコチラ↓↓↓
http://cookpad.com/recipe/1639306

IMG_9550-2のコピー

パン・ホットケーキに

はちみつチーズトースト

チーズの塩気とはちみつの甘さの絡み合う感じが絶妙~!
スライスしたコルビージャックチーズを食パンの上にのせて、トースターで焼き、はちみつをかけて食べます。

alohasweet02-①はちみつチーズトースト(コルビージャックチーズ)

レーズン&チーズのパンケーキ

alohasweet02-④チーズとレーズンのパンケーキ♪(コルビージャックチーズ)

作り方は簡単!

たまご、牛乳、使いません!

市販のホットケーキミックスを水だけでゆるめに溶き、コルビージャックチーズ をごろっとしたサイズに切ったものとレーズンをバラバラっと適当に入れて、生地の完成。

o0380028512132248315

これを、バターを薄く引いたフライパンを中火に熱し、両面焼くだけ!
(片面を焼いた後、さらにチーズをトッピングしひっくり返すと、チーズが表面でカリッと焦げて、美味しさUP!)

o0380028512132248314

お好みでケーキシロップをかけて召し上がれ!

カレーに

定番のカレーから、キーマカレー、ココナッツトマトカレーまで、どんなカレーにもよく合います。味がまろやかになり、とろける食感も食欲をそそります。

page34

お好み焼きに

お好み焼きの生地に混ぜ込み焼きます。さらにひっくり返す前にもう一度上からチーズをトッピングするのがポイント。写真のように、チーズがカリカリになった部分が美味しい!

o0267040111841262960

パスタ・グラタンに

食べる前にそのままトッピングしたり、チーズとパン粉を上にかけて、オーブンで焼いても。とろーんとのびて、もっちりした感じが食べ応え十分。クセがないので子供にも喜ばれます。
o0400026710982377260

カークランド(KIRKLAND)のチーズのラインナップについて

コストコのオリジナルブランド、カークランド(KIRKLAND)のチーズのラインナップは、KSマイルドチェダーチーズ(907g)・KSミディアムチェダーチーズ(907g)・KSシャープホワイトチェダーチーズ(907g)・KSモントレージャックチーズ(907g)・KSコルビージャックチーズ(907g)・KSモッツァレラチーズローフ(2.72kg)の全6種類。

page33

チェダーチーズはコクがあり、お肉料理などを中心に幅広く使えます。熟成度によって、マイルド・ミディアム・シャープがあります。シャープのほうがよりクセがある感じです。白いモントレージャックチーズは、アメリカでサンドイッチなどによく使われるそうです。(どれも907g入りでレンガのような形をした塊で売られています。)カプレーゼやサラダなどに使われる、モッツァレラチーズのみ、サイズが大きく2.72kgもあります。

チーズ基本知識 ナチュラルチーズとプロセスチーズの違い

乳を固めて発酵熟成させたのが「ナチュラルチーズ」。 文字通りナチュラル=自然なチーズで、中に含まれている乳酸菌も生きています。保存期間中も さらに発酵が進み、熟成の進行と共に風味も変わるので、ナチュラルチーズには食べ頃があります。

一方、日本で昔からなじみが深いのが「プロセスチーズ」。
1種類または数種類の「ナチュラルチーズ」を、細かく刻んでから加熱溶解し、乳化剤などを加えて再び成型したのが「プロセスチーズ」です。『スライスチーズ』や『6Pチーズ』などさまざまな形に加工されます。こちらは加熱処理してあり、それにより乳酸菌は生きておらず、発酵も止まっています。その分、風味が安定し、保存性も高いという特性もあります。

まとめ

上に紹介したコストコKIRKLANDのチーズは、全てナチュラルチーズに分類されるもの。最近は、色んな種類のナチュラルチーズがスーパーなどでも手に入るようになりましたが、プロセスチーズが主流の日本では、ナチュラルチーズは主にお酒のおつまみ用などとして売られていることが多く、少量で高いというイメージ。KIRKLANDのチーズのように、これだけの量(907g)がだいたい1,000円前後で手に入るのは、やはりコストコならでは、といった感じです。使いきれない場合は冷凍も可能ですので、皆様もぜひ活用してみて下さい。

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

メッセージやご依頼など

お問い合わせはこちらのフォームから

家族と過ごす自由なライフスタイルと日常を楽しむアイデアを発信。
Return Top