シューズケースの作り方(裏生地なし)【入園・入学準備⑥】

シューズケースの作り方(裏生地なし)【入園・入学準備⑥】
Pocket

出来上がりサイズ:たて28cm×よこ22cm×マチ4cm

シューズケースの作り方(裏生地なし)

【裁断図】(左右下に1cmづつの縫い代、上に2cmの折り代を含んでいます。)

①キルティング生地にチャコペンで直接線を書き、生地をカットします。

出来るだけ、キルティングラインのキリの良いところで線を引き、ラインに添ってカットしていくと、キレイに真っ直ぐに切ることが出来ます。

②中心に印を付け、持ち手の部分をまち針でそれぞれ仮止めします。

テープ紐(25mm巾)の長さは34cm7cm。(短い方にはDカンを通します。)それぞれ半分に折り、中心に固定します。

➂本体の縫い代をぐるっと一周、ジクザクミシンでかがります。

持ち手の部分も一緒に上から、ジグザクミシンをかけます。

➃本体2枚を中表に重ねて、ずれないようにまち針で止め、周りを縫います。

赤い線の部分を縫う。端から1cmのところをぐるっとコの字に直線縫いします。

⑤縫い代部分を開き、袋の口を2cm折り、まち針で固定します。

⑥袋口に2本のラインステッチを入れます。

折り曲げたラインの5mm内側&袋口から5mmの所を、直線縫いでぐるっと一周縫います。(赤い線の所)

⑦マチの部分を縫います。

マチの部分を三角に折り曲げ、先から2cmの所に線を引き、4cmのマチを取ります。

線を引いた、マチ部分を直線で縫います。

マチの先はハサミでカットし、

ジグザグミシンでほつれ止めをします。

2箇所とも同じように処理したら、このようにマチの部分が出来ました。

⑧袋を裏返し、形を整えたら、完成です!

【効率的な生地の裁ち方】

※下記のような生地の裁ち方をすると、105cm巾キルティング生地50cm分あれば、お揃いの生地でレッスンバッグとシューズケースが一緒に作れます※レッスンバッグの作り方はこちら→

 

動画☆シューズケースの作り方(裏生地なし)
YouTube動画でも作り方を紹介しています。

入園入学グッズの作り方 リンク集

入園・入学グッズの作り方
体操服入れの作り方(巾着・裏地付き)
お弁当袋の作り方1(巾着・マチ付き・裏地なし)
お弁当袋の作り方2(巾着・マチ付き・裏地あり)
コップ袋の作り方(巾着・裏地なし・両方絞り口)
ナフキン(ランチョンマット)の作り方 
結ばなくていいお弁当包み
シューズケース(上履き入れ)の作り方(裏地なし)

生地選びのポイント・おすすめミシン
入園入学グッズ生地選びのポイント・おすすめミシン・便利な手芸用品

お名前つけに便利な商品

お名前つけもきれいに出来ると気持ちがいいですよね!布製のものにも使える、アイロンシールも付いていておすすめです!

こちらの生地を使っています

キルティング生地はこちら。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キルティング LECIENニコニコランド恐竜(単位50cm)
価格:810円(税込、送料別) (2018/2/11時点)

普通地もあるので、体操服袋など、袋類もお揃いの柄で作れます!

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

コメント

*
*
* (公開されません)

メッセージやご依頼など

お問い合わせはこちらのフォームから

家族と過ごす自由なライフスタイルと日常を楽しむアイデアを発信。
Return Top