コップ袋(巾着・裏地なし・両方絞り口)の作り方【入園準備③】

Pocket

コップ袋(巾着・裏地なし・両方絞り口)の作り方

サイズ:12cm×15cm (幼稚園から指定されたサイズで作っています。)

IMG_4520-2 ☆こちらの写真(↑)のコップ袋は、15cm×18cm
(100円ショップのマグカップについている巾着と同じサイズ)。

(※コップ袋は、両方からの絞り袋で、大きめの方が使いやすいそうです!
→片方だけの絞り袋では、ハブラシが落ちやすいとの事。)

~必要な生地の計算方法~

● 縦:(高さ×2)+(縫い代7cm)

● 横:(幅)×(縫代2cm)

~計算例~

高さ15cm×幅12cmの巾着を作る場合

● 縦(高さ15cm×2)+(縫い代7cm)=37cm

● 横:(幅12cm)×(縫代2cm)=26cm

作り方

①チラシなどで、18.5cm×14cmの長方形型紙を作り、生地をカットする。

obento02 型紙サイズ:18.5cm×14cm(上に3.5cm・左右に1cmづつの縫い代を含んでいます)

②生地を広げ、上下から1cm・2.5cmのところにチャコペンなどで線を引き、アイロンで折り曲げる。

cop2

(上下折り曲げると、このような状態になります。)

cop3

③先ほど作った折り目の1段目だけを折った状態で、端にジグザグミシンをかける。

cop4

④中表に半分に折り、下の写真のようにチャコペンなどで線を引き、下からあき止まりの所まで、端から1cmの所を縫う。

cop5

⑤先ほど縫ったサイドの部分とトップまでをアイロンできれいに開き折り、紐通し口の部分に、コの字にステッチを入れます。(縫い始めと縫い終わりは、返し縫い)

cop6

⑥袋に最初につけておいた、2.5cmの折り返しのところで折り、袋口を縫います。下から0.5mmくらいの位置を真っ直ぐ縫います。(縫い始めと縫い終わりは、返し縫い)

cop7

⑦両側から紐を通して、袋の裏側にアイロンでネームタグを付けたら出来上がり~☆

cop8

cop9

コップ袋の作り方 動画にて

動画でも作り方を紹介しています。

入園準備におすすめグッズの紹介

アイロンで簡単につけることができる「フロッキーネーム」。
自然な感じで名前がつけられてかわいいです。
剥がれないし、タグがデザインの邪魔をすることないので、体操服や、帽子、くつした、制服などは、これでしっかりと名前をつけました。

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

メッセージやご依頼など

お問い合わせはこちらのフォームから

家族と過ごす自由なライフスタイルと日常を楽しむアイデアを発信。
Return Top