和室の天井を抜いて30cm高く!DIYでセルフリノベーション


IKEAのロフトベッド「STORA」を設置しようとしたところ、天井の高さが、日本の住宅の標準である240cmのの我が家の和室では、高さがかなり窮屈になってしまうことが判明。

ネットを調べてみると、同じくこのような問題に直面している人たちがいるようで、中には、ロフトベッドの足を10cmカットして使っているという方も。

しかし、4本の足を真っ直ぐ均等にカットするというのも、それなりの器具や技術が要りそう。失敗は許されないし、バランスが崩れてしまっても困る…。下の高さがありスペースが広々とれるのも魅力ではあるし…。

一時は諦めて、ベッドではなく、単なる物置として利用しようか?、とも考えましたが、それではやはり残念過ぎる…。

散々、悩んだ挙句…。 思い切って、天井をぶち抜いてしまおう、ということに。

じつは、同じロフトベッドを2つ、子供部屋用と寝室用に購入していたため、結局、2部屋分、この作業を行うことになりました。

これがなかなか大変だったのですが、建設業をしている父のヘルプもあり、何とか自分たちだけでセルフリノベーションすることができました。

今回は、そのセルフリノベーションの方法と工程を、ご紹介したいと思います。

 



【和室の天井を抜いて30cm高く!DIYでセルフリノベーションする方法】

①天井板を抜く

1.まずは、和室の天井の一部、目立たない場所にキリで穴をあけ、竹ひごのような細い棒を通し、天井上の高さがどれ位あるのかを確認しました。大体30cm弱ほどあったので、もし天井を抜けばその分高くなることに。

意を決して、ついに天井に穴を開けてみる!バールで叩いて、天井の一部をぶち破ってみました。和室の天井は意外にも軽くて薄い板でした。もう後には退けません。そのままバリバリと力づくで破壊していきました。(電気の配線の位置だけは確認して、切ってしまわないように注意しながら)

かなりの木片や釘などが飛び散るので、ガラス窓は新聞紙で覆い、マスキングテープで止め、部屋の家具はビニールシートや毛布で養生をしておきました。

②天井の金具の処理

天井板を全て取り払ったら、配線と断熱材がむき出しの状態に。

要らないクギや金具などもいろんなところから飛び出していたので、サンダーで切断。(この作業は、素人では危険なので、プロである父にお願い。)

③壁の処理

1.端の部分に残った、天井板を抑えていたクギを抜いたり、木片のささくれ部分を処理。(→軍手をした手でむしり取ったり、のこぎりやカッターでカットしながら、地道にきれいにしていきました。)

④ホームセンターで、材料を準備

1.ホームセンターでベニア板を買ってきて、壁と同じ色にペンキで塗ります。

【約6畳の部屋(1部屋分)の材料】

★ベニア板3✕6(91mm✕182mm)—-(天井用)◎厚さ3mm → 6枚

★ベニア板3✕6(91mm✕182mm)—-(壁 用)◎厚さ5.2mm→ 2枚

★水性シリコンペンキ6L—-1缶

2.取り付けに必要な材料も、ホームセンターで購入。

★金具—-ハードエッジドライブ(なべ4✕45 下穴深さ55mm・下穴径3.4mm・強度173.4kgf)

★壁用幅木(30✕50mm角ぐらい)—-適宜

★スクリューネジ—-ベニア板を幅木に打ち付けるためのクギ)

⑤天井にベニアを貼る

1.天井にベニア板を貼っていきます。一枚板を使えるところを先に貼り、あとは残りの天井の幅にあわせて、ベニアをカットします。サイズを計り、ベニアのカットは、カーボンの付いた糸を張り、パチンと、印の線をつけ、のこぎりで切っていきます。

2.ベニアを天井に打ち付けていきます。コンクリートにドリルで下穴を開けながら、ビス(ハードエッジドライブ)をドライバーで打ち付けていきます。(等間隔に。大体40cm間隔位。)

3.電気配線は、天井ベニアの一部(通したい場所)にドリルで穴を開け、その後、電気配線にビニール紐をテープで止め、ビニール紐の先をベニアの内側から穴へ通し、電気配線を一緒に誘導し、表へ出します。

4.市販のダクトレールを天井取り付け、(ダクトレールの説明書に従って、)電気配線をつなぐ。

ダクトレールに、ライトを取り付けたら、無事、このように点灯しました。

⑥壁にベニアを貼る

1.壁の幅にあわせて、ベニアをカットします。

2.まず、ベニア打ち付けの土台となる幅木を沿わせ、コンクリートに打ち付けていきます。

3.幅木の部分にネジが貫通するように、スクリューネジでベニアを金槌でうちつけていきます。

⑦完成

最後に、デザイン的な引き締め効果と、壁と天井の間に少し隙間が出来てしまったのを隠すために、白い幅木を一番上の部分にも木工用ボンドで貼り付け、これで完成。

お部屋全体としては、寝室は、こんな感じに仕上がりました。

ちなみに、子供部屋はこんな感じに。

まとめ

手間はかかりましたが、振り返れば、とても楽しい作業でした。

ちょっとした家族の思い出にもなったし、なかなか無い、唯一無二の空間に仕上がったと、自負しています。

驚くことは、DIYなので、お金もほとんどかかってないということ^^(材料費も、安いベニア板(1枚数百円位)と、幅木、ペンキ、ビスを買ったくらい^^;)

業者に頼めばおそらく数十万はするであろうことを考えると、楽しい苦労ではあります^^。

自らの記録もかねて、そのやり方をこちらの記事にまとめてみました。

DIYをされる方の何らかのアイデアの参考になれば、嬉しいです♪

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

メッセージやご依頼など

お問い合わせはこちらのフォームから

家族と過ごす自由なライフスタイルと日常を楽しむアイデアを発信。
Return Top